パーソナルカラー診断でメンズに似合う髪色を徹底解説!目の色に合わせていいの?

今まで髪色は何となく決めてきたけど本当に似合う色が知りたい….パーソナルカラー診断の自己診断をやったけど、いまいちどうしたらいいのか….もっとカッコ良くなりたいのにどうしたらいいのか教えて!

自分に似合う髪色にしてモテたいって相談ですね

メンズの皆さんは、今まで何となく髪色を決めていませんでしたか?

でもどんな基準で選んだらいいのか分からないから、好きな色にしてしまいますよね。

そんな髪色迷子のメンズの皆さんに、パーソナルカラー診断を使ったおすすめの髪色の見つけ方を解説します。

 

髪色とお顔が調和していると、印象が明るくなるので、女性だけではなく色々な人に信頼されますよ。

パーソナルカラー診断をやったことがない人でも分かりやすくまとめましたので、最後までご覧ください。

~この記事でわかること~
・メンズの方向け似合う髪色の見つけ方
・パーソナルカラータイプ別のおすすめ髪色
・目の色・眉毛の色・洋服のトータルバランスのとり方

メンズ必見!パーソナルカラー診断で似合う髪色を見つける方法

人はそれぞれ生まれ持ったボディーカラーがあり、そのボディカラーにマッチする色を特定するのがパーソナルカラー診断です。

パーソナルカラー診断をすれば、あなたを最も引き立たせるカラーが見つかるので、髪色にも応用できます。

例えば金髪にしたいと思ったときに、

・色相・明度

・彩度

により金色といっても見え方は様々です。

その様々な金色の中から、あなたに最もマッチした色を特定するのは簡単では有りません。

パーソナルカラー診断をすれば、誰でも迷うことなく髪色を決めることができるんですね。

髪色は目の色で判断して良いの?

髪色は目の色で判断して良いの?

美容師さんに、目の色が茶色だから、髪色も茶色が似合うと言われたことがあるんですが、それって本当!?

この疑問にお答えします。

結論から言うと、半分正解で半分間違っています!

何故かというと、確かにパーソナルカラー診断のチェック項目の中に、目の色も入っているから。

ただ、目の色だけではなく、その他にもボディーカラーや唇の色などもチェックして、総合的に判断するので、目の色だけで決めるのは難しいです。

また、美容師さんの多くは、あなたに似合う色ではなく、今トレンドの色を勧めてきます。

美容師さんにまかせっきりにすると、髪色は良い色なのに、何か違和感があるといった状態になりかねませんので注意して下さい。

髪色を決めるためにパーソナルカラーを調べる方法

パーソナルカラーを知って似合う髪色にしたいという方に、調べる方法をご紹介します。

パーソナルカラー診断のプロに依頼する

パーソナルカラー診断サイトで行う

大きく分けてこのの2つの方法です。

それでは解説していきますね。

パーソナルカラー診断のプロに依頼する

パーソナルカラー診断はサロンなどでやってもらえます。

プロに依頼するメリットは、正しい診断結果が得られることで、デメリットはお金が掛かってしまうことですね。

プロに依頼すると大体2万円~3万円の費用が掛かります。

間違った診断結果で洋服や小物などを買って、結局気に入らなくて使わなくなってしまうといったことが避けられますよ♪

今後の洋服代が無駄にならないための費用と考えて、安いと考えるか、高いと考えるかは意見分かれますね。

パーソナルカラー診断のサイトで行う

パーソナルカラー診断を無料で行っているサイトで診断する方法があります。

メリットはもちろん無料でできることで、デメリットは診断結果が正確ではないことです。

たまたま当たればラッキーですが、今後のあなたのファッションの軸となってくるので、慎重に行って下さい。

パーソナルカラー診断の無料の自己診断に関してはこちらの記事で詳しく説明していますので、心配と思うならご覧下さい。

パーソナルカラー診断の自己診断をしようと思っている方は➔こちら

パーソナルカラー診断を活かした髪色を決めるときの3つのポイント

パーソナルカラー診断のプロ、または無料サイトでパーソナルカラーがわかった後は、実際に診断を活かした髪色の決め方です。

3つのポイントは、こちらです。

・カラーチャートを参考に決める

・職業や生活スタイルに合わせた色にする

・自分のしたい色がある時の決め方

それでは解説していきますね。

カラーチャートを参考に決める

 

カラーチャート

カラーチャートはこんな感じです。

カラーチャートを見たことがない人もいますよね。

パーソナルカラー診断をやると、イエベかブルベかだけではなく、

スプリング

サマー

オータム

ウィンター

の4つに分類されます。

季節の名前を使っているので「フォーシーズン」っていう言い方をします!

シーズンごとに似合うカラーがあるので、チャートにある色を参考に美容師さんへお願いすると希望の髪色にしてくれますよ。

また、プロにお願いした方は、カラースウォッチと言われる、手帳タイプの色見本をもらえるところもあるので、予約する前にチェックするのがおすすめです。

職業や生活スタイルに合わせた色にする

パーソナルカラー診断をやると、気合を入れて奇抜な髪色にする方もいますが、慎重に決めて下さい。

ユーチューバーは、ピンクやグリーンなどカラフルな髪色の人も多くいますが、職業に合わせる必要があります。

あなたがもし美容師やショップ店員なら良いかもしれませんが、職業によってはあなたの評価を落としてしまいかねません。

以前に比べてカラフルな髪色は珍しくありませんが、職業や生活スタイルを考えて、色は慎重に決めましょう。

自分のしたい髪色がある時

上でも説明しましたが、色は色相・明度・彩度により見え方は全然違ってきます。

髪色を決める時に、何となく茶色にしたいな~と、おぼろげながらにもやりたい髪色がありますよね。

でもそういう時は、ローズブラウンやココアなど具体的ではなく、茶色っぽくしたいといったような感じではないですか。

パーソナルカラー診断をやってタイプが分かると、ブルベなら茶色の中でも青みが強いモーブブラウンがいいなど。

パーソナルカラー診断をやれば、希望を叶えつつ、あなたを引き立たせる髪色がみつかります。

パーソナルカラータイプ別のおすすめ髪色

パーソナルカラーのタイプ別のおすすめの色を紹介します。

あなたのタイプが分かっていれば参考にして髪色を決めるとマッチした髪色にできますよ。

それではご覧ください。

スプリング

スプリング

キュートでカラフルなイメージがスプリングの特徴です。

春のお花畑のような、明るく鮮やかな色が良く似合います。

オータム

オータム

シックで落ち着いた大人の雰囲気がオータムタイプの特徴です。

秋の実りを感じさせる、深みとこくのある色がよく似合います。

サマー

サマー

エレガントで柔らかいのがサマータイプの特徴です。

淡く優しい色合いや、少しくすみ感のある色がよく似合います。

ウィンター

ウィンター

シャープでモダン、切れ味のある華やかなイメージが特徴です。

強さと濃さのある原色の色たちやモノトーンがよく似合います。

目の色・眉毛の色・洋服の色3つのトータルバランスが重要

髪色を決める時に、髪色単体で考えるのではなく、目の色・眉の色。洋服の色とバランスを考えましょう。

髪色が金色で気に入っていても、眉毛の色が黒いと違和感を感じませんか?

例えば、金髪の芸能人を見ると、眉毛は髪の毛に近い色になっている人が多いです。

目の色はカラーコンタクトを付ける以外は変えることが難しいですが、眉毛なら眉マスカラをつければ簡単に変えられますよ。

それぞれのタイプごとに、ポイントをまとめましたのでご覧ください。

スプリング

多色配色で遊べるタイプです。多色配色とは、同じ明度と彩度の色の中で組み合わせること。

カラーチャート

この表を見ていただき、同じ行で横に並んでいる色が同じ明度と彩度です。

パーソナルカラーならカラフルにしても、しっくりくる感じになりますよ。

オータム

強い色でアクセントを付けるのが効果的な配色です。

お肌のもともと持っている特徴として、深いイエローやゴールドが含まれているためです。

例えば髪色なら、ダークブラウンにアクセントとしてゴールドブラウンのグラデーションを入れるなど。

秋の紅葉をイメージさせるようなワンポイントでアクセントを入れるのがおすすめです。

サマー

ハッキリとした強い色ではなくて、ソフトなグラデーション配色が似合います。

もともと持っているお肌の色が、全体的に柔らかな印象があるからです。

目の色・眉の色・洋服の色はブルーやグレーが含まれた、全体的に優しく上品な色でまとめるとお似合いになります。

ウィンター

強いコントラスト配色でアクセントを付けるのが効果的です。

基本的に髪色と眉毛の色は合わせて、目の色や洋服の色でアクセントを付ける。

大袈裟に言うと、髪色と眉毛の色がブラックで、目がワインレッドでも似合ってしまうのがウィンターさんです。

全体的な雰囲気をシャープやクールなどでまとめて、アクセントを意識するとお似合いになります。

まとめ

今回はメンズの皆さんに、パーソナルカラー診断をすると、おすすめの髪色が分かることについて解説してきました。

パーソナルカラー診断は髪色だけではなく、洋服や小物の色を決めるのにも使えるのでとっても万能です。

パーソナルカラー診断は無料でもできますし、正確な診断をご希望ならプロにお願いするのも効果的です。

また、髪色と目の色の関係についても解説しました。

パーソナルカラー診断の項目に目の色が含まれているので、関係性はあるのですが、目の色だけで髪色を決めるのは難しいです。

もしパーソナルカラーに興味をお持ちなら、プロの診断を受けてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら

一度やってしまえば、ずっと活用できるものですので、早めにやることがおすすめです。

髪色を変えて、気分を上げて生活を楽しみましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA